お仕事ラボ (滋賀) 滋賀 滋賀の正社員・派遣社員・パート
薬剤師の転職・派遣ならお仕事ラボ

7月21日更新 公開
求人
368

薬剤師に特化した
コンサルタント

あなたの職場探しを
全力でサポートします。

お仕事ラボ滋賀県トップ

滋賀県の人口は約140万人、そのうち薬剤師数は2,936人。人口10万人に対する薬剤師数は全国平均の226.7人よりも19.4人少ない207.3人と薬剤師がやや不足している状況といえます。

滋賀県内には病院57件あり、大津市や、東近江市、草津市といったエリアに多く集中しています。規模は100~200床程度の病院が多い特徴があります。その他薬局578件、診療所1,046件があり、それぞれの職場で働く薬剤師数は病院勤務が455人、薬局勤務が1,705人、診療所勤務が77人。滋賀県で働く薬剤師2,936人のうち、15.5 %が病院、58.1 %が薬局に、2.6 %が診療所となっており、薬剤師の6割弱が薬局に勤務しています。
平成26年時点で滋賀県の人口10万人に対する薬局数は全国平均44.65軒に対し39.63軒となっています。訪問薬局数は510軒で、人口10万人に対する訪問薬局数は全国平均37.64軒に対し36.10軒となっており、いずれも全国平均を下回っています。

滋賀県で働く薬剤師の平均年収は511.6万円で全国第23位。全国平均の515万円よりも3.4万円低くなっています。
また、滋賀県の病院・診療所、薬局・医療施設で働く薬剤師の平均年齢は45.2歳。全国の平均年齢45.3歳と比較すると、やや低くなっております。

医療政策課が策定した「滋賀県地域医療構想」には、今後の若年層や高齢者への福祉や医療の充実には、薬剤師が不足している状況にあるため、医療に従事する人材の確保が必要であるとしています。そのため、薬剤師のニーズもより一層高まると予想されます。

目立った特徴としては、「産休・育休の実績あり」の求人が半数以上あることです。大阪府・京都府と比較すると土地が安いこともあり若い世代が移り住む傾向にあります。こういった背景から、働きやすい職場づくりに力を入れている企業が多いようです。

参照:「平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査」、「賃金構造基本統計調査」、「きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」、「地域医療情報システム」

滋賀県の新着お仕事情報

4月16日更新

お仕事ラボでは、滋賀県の薬剤師の求人情報を検索することができます。

Copyright ©AXIS inc. All Rights Reserved